すくすく子育て おむつはいつまで?子供のトイレサインの見極めは?

すくすく子育て おむつ いつまで 子供 トイレ サイン 子育て

子供が3歳くらいになったら、そろそろおむつは卒業させてパンツにしたいと考える時期ですよね。

 

でも、それくらいの子供って、おしっこに行きたいと言ってくれなかったり、トイレに行きたいというサインもわからなかったりしますから、子育て真っ最中のママやパパは大変だと思います。

 

NHKで放送中の「すくすく子育て」の「おむつはずれるといいな」回で、そういった悩みについて扱っていたので、対処法を紹介しますね。

スポンサードリンク
  

すくすく子育ての おむつはずれるといいな でやっていた「トイレにいつ連れていけばいいのか」という問題

すくすく子育てに出演していたお母さんも、3歳1ヶ月になる娘さんのトイレ・おむつ問題でお悩みでした。

・子供はおしっこに行きたいと言わない

・「子供のトイレに行きたい素振りをお母さんが見極めてあげてください」って言われるけど、おしっこをする前もした後も全然サインがわからない

これらのことに悩んでいて、娘さんはもうすぐ幼稚園に入園するのに、どうしたらおむつを卒業させられるんだろうと困っていたんですね。

 

そのお母さんがまず試してみたのは「ご褒美シール作戦」。

アンパンマンのイラストと、すごろくのようなマス目が描いてあるシートがあって、子供がおトイレに成功したらそのマス目に一枚ずつシールを貼っていくというものでした。

(ごほうびシールブックというものなどがありますよね)

 

15枚シールを貼ったらゴールだよ、という作戦でしたが、最初は「(トイレに)行く!」と乗り気だったお子さんも、翌日には飽きてしまって、すすんでトイレに行かなくなってしまったそうです。

 

では、オムツはいつまではかせておくものなのか、どうやって子供のトイレサインを見極めればいいのかについて、すくすく子育てでの回答を次の章から紹介していきますね。


スポンサードリンク

おむつはいつまではかせておく? いつからパンツにさせればいいの?

まず、どのタイミングでオムツを外してパンツに変えるかという問題ですが、おむつをやめたら、その日からはパンツだけをはかせるようにする、という考え方が間違っているそうです。

午前中はパンツをはかせておいて、子供が疲れてくる午後からはオムツをはかせるなど、柔軟に対応すればいいそうですよ。

 

「子供のおむつって、いつまではかせておくものなんだろう?」って気になっていたのに、これはちょっと目からウロコじゃありませんか?

2択の選択肢じゃないんです。

いつまでオムツ? いつからパンツ? おむつが取れるのはいつ? って固く考えなくてもいいんですね。

 

すくすく子育て おむつ いつまで 子供 トイレ サイン

すくすく子育てに出演していたママも、

「それまではパンツにしたらパンツのままでずっと過ごさないといけない、もうオムツははかせてはいけないと思っていたけど、変えてもいいと言っていたので、家の中と外で変えてみることにしました」

と言って、家ではパンツ、お外ではオムツにしてみたんですね。

 

そうしたら、短い時間だけ子供をしっかり見ていればいいので、すごく楽になったそうですよ。

精神的にも余裕ができたことで、「おしっこは?」と子供にこまめに声掛けができるようになっていました。

その結果、1日に1回はちゃんとトイレに行けるようになったそうです。

 

子供のトイレサインがわからない! おしっこサインの見極め方は?

子供がトイレに行きたいと言ってくれないなら、おしっこがしたいというサインを親が見極めてあげてと言われても、それが全然わからない子供もいますよね。

 

子供のトイレサインには次のようなものがあります。

・股のあたりを触る

・少ししゃがむ

・内股になる

 

すくすく子育てで紹介されていた上記のサイン以外にも、子育て経験のあるお母さんの話によると、こういったトイレサインもあるそうです。

・ブルブル震えていた

・顔をちょっと険しくして、その後ぐったりする

・もぞもぞしたり、足をパタパタする

 

すくすく子育てでは、トイレサインが見られないなら、家庭用のビデオで子供の様子を1日撮影してみるのもいいと話していました。

おしっこがしたいときにお子さんはどんな様子なのか、ホームビデオで撮影して確認してみてはいかがでしょうか。

 

すくすく子育てに出演していたお母さんも、ホームビデオでの撮影に挑戦していましたけど、居間の目立つ場所にカメラを置いて、子供にもバレバレだったので失敗していましたね。

 

ターゲットの3歳の娘さんが、カメラに向かってユーチューバーか何かのようにポーズをとって挨拶したり、お姉ちゃんまでカメラに興味津々になってしまったり、姉妹でカメラの取り合いまでしてしまったり(笑)

普段カメラは触らせないようにしているので、興味をひかれずにはいられなかったようです。

 

ビデオカメラでお子さんを撮影するなら、バレないようにこっそり隠し撮りしましょう。

 

すくすく子育てに出演していた専門家の先生によると、トイレサインが見られないお子さんの場合、おしっこがしたいという尿意自体がまだわかっていないのかもしれないとのお話でした。

その場合は、もうちょっと時間がかかるのかもしれないので、もう少し待ってあげてもいいそうですよ。

 

それと、子供がトイレに行きたがらないのは、水が怖かったり、水が流れる音が気になるからというケースもあるそうです。

その場合は、尿意がわからないというより、トイレに行くこと自体が嫌なんですね。

 

2歳、3歳くらいの子供がトイレを怖がるという話は結構聞きますね。

 

・便器の所に置いてある子供用の踏み台から落ちてしまってから、トイレを怖がるようになった

→便器をU字に囲むような形の踏み台に変えたら、足が安定してトイレを怖がらなくなった。

 

・保育園で節分の豆まきをやってから、鬼が出るのではないかとトイレを怖がるようになった

→トイレに写真やシールを貼ったら、だんだん怖がらなくなった。

 

・外のトイレのジェットタオルの音を怖がる

→手を乾かす風の音だと何度も説明しているうちに、半年近くかかったけど、だんだん怖がらなくなった。

 

・ウォシュレットのボタンを押してしまい、お尻に水がかかったらトイレを怖がるようになった

→子供が好きなポスターをトイレ内に貼って、半年くらいで怖がらなくなった。

 

・1時間おきに無理に行かせていたらトイレを怖がるようになった

→諦めて無理に行かせるのはやめて、しばらくしてから、本人が行きたいと思うときだけ連れて行き、おしっこやうんちが出た出ないに関係なく、トイレに行けたことを褒めてあげるようにしたら、すすんでトイレに行くようになった。

 

注意!
子供がトイレを怖がるようなら、トイレの中を楽しい雰囲気にしてあげるのも大切ですが、無理に行かせようとせずに、しばらく時間をあけて再チャレンジすることも重要ですね。


スポンサードリンク

まとめ

子供のオムツをやめてパンツにしたら、ずっとパンツのままにして、もうオムツをはかせてはいけないということはありません。

午前中はパンツにして、子供が疲れる午後はオムツにするとか、家の中ではパンツにして、外ではオムツにするなど、柔軟に対応しても大丈夫です。

 

「子供のおむつって、いつまではかせていていいんだろう? いつまでも外れないけど大丈夫なの?」

「おむつはいつ取れるの? いつからパンツにすればいいんだろう?」

などと、息子さん、娘さんのおむつが外れる卒業の時期を心配していたお母さん、お父さんも、おむつとパンツの切り替えを試してみてください。

 

子供のトイレサインは、股のあたりを触る、少ししゃがむ、内股になるなどがありますが、全然わからない場合も少なくありません。

おしっこに行きたい子供のサインがわからないなら、お子さんの一日の様子をホームビデオでこっそり隠し撮りして確かめるのも手です。

 

でも、3歳前後の子供だと、おしっこがしたいという尿意自体がまだわかっていない可能性もあります。

そのような場合は、もう少し時間がかかるでしょうから、あと少し待ってあげましょう。

 

子供がトイレに行きたがらないのがトイレを怖がっているのが原因でしたら、トイレの中を楽しい雰囲気にしてあげたり、無理に行かせようとせずに時間を置いて再チャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました