ハンドグリップを100均ダイソーで調査 選び方や負荷30kg以上も紹介!

ハンドグリップ ダイソー 100均 握力 健康・美容

握力を鍛えるならハンドグリップを使いたいですよね。

 

ハンドグリップでしたらスポーツ用品店、ホームセンターなどにも売っていますが、安い物が欲しいなら断然100均がおすすめです。

ダイソーに行って、どんな種類のハンドグリップが売ってるのか調査してきましたよ!

欲しい負荷の物があるか、参考にどうぞ。

スポンサードリンク
  

ハンドグリップを100均ダイソーで調査 負荷の種類一覧!

100均のダイソーには、いろんな負荷のハンドグリップが売っていましたよ。

どんな負荷の物があるのか紹介しますね。

値段はどれも税抜100円となっています。

 

こちらは、グリップの部分がスポンジになっているハンドグリップです。

ハンドグリップ ダイソー 100均 握力

  • 5kg(色はピンク)
  • 10kg(色は黄色)
  • 15kg(色はオレンジ)
  • 20kg(色は青)
  • 25kg(色は赤)

 

このハンドグリップでしたら実際に握ってみることもできますから、自分に合った負荷の物を選ぶために、ちょっと使ってみてもいいですね。

 

 

グリップの部分がプラスチックのハンドグリップもありました。

こちらは、20kgの負荷の物のみです。

 

 

100均ダイソーのハンドグリップは、一番大きな負荷の物が25kgですね。

30kg以上の負荷のハンドグリップが欲しい場合、残念ながらダイソーでは売っていません。

 

負荷が30kg以上あるオススメのハンドグリップを後ほど紹介しますので、そちらも参考にどうぞ!

それは、25kgまでの負荷でいい人にも便利なハンドグリップなんですよ。

 

ちなみに、指先まで鍛えられるフィンガーグリップもダイソーに売っていましたよ。

こちらも100円(税別)です。

 

 

スポンサードリンク

ハンドグリップの選び方や鍛え方は?

握力など筋肉を鍛える場合、効果的なトレーニングのためには、どのくらいの負荷の物を何回程度やるのかが重要です。

軽すぎては効果が得られませんので、ダイソーなどでハンドグリップを購入するのでしたら、選び方にも気をつけましょう。

 

握力をとにかく鍛えたいのでしたら、次のような負荷と鍛え方でトレーニングしましょう。

体力測定などで測れる握力の数値をとにかく上げたい場合もこちらですね。

負荷:10回できる程度

回数:10~20回を3~10セット

 

 

重たい物を持ち上げる際などに使う実用的な握力を付けたいなら、手の持久力を鍛えましょう。

手の持久力アップでしたら、次のような鍛え方が適しています。

負荷:最大握力の6割~7割を目安に

回数:15~20回を2~5セット

手が疲れてしまって、もう何も持てないというくらいに追い込むと効果的ですよ。

 

ダイソーで売ってるハンドグリップは実際に握ってみることもできますから、自分に合った負荷の物を選んでみてください。

 

ダイソーで売ってる負荷25kg以下の物では軽すぎるという場合は、次の章で紹介するハンドグリップもおすすめです。

その商品は、軽めの負荷から始める人にもおすすめな、便利なハンドグリップなんですよ。

 

ダイソー以外のハンドグリップ30kg以上もおすすめ!

100均ダイソーで売ってるハンドグリップは、負荷が最大25kgまでですが、他のショップでしたらそれ以上の負荷の物も売っています。

高負荷のハンドグリップにも色々ありますが、比較的安くて便利な物があるので紹介しますね。

 

こちらのハンドグリップは、負荷を10kg~50kgの範囲で調節できるようになっています。

 

 

(※同じようなハンドグリップでこれよりもうちょっと安い物もありますけど、あんまり安いと負荷を大きくしたときに「アレ? ゆるくない?」となるようです)

 

このハンドグリップでしたら、10kg程度の軽い負荷のトレーニングから、30kg以上の高負荷のトレーニングまでできますよ。

30kg、40kg、50kgで握力を鍛えたいという人だけではなく、まずは軽い負荷から鍛えたいというビギナーまで使えるのが便利です。

これでしたら、女性や、リハビリ目的でも使えるでしょう。

 

これ1個あれば、もっと強い負荷のハンドグリップが欲しくなったときに、いちいち買い換える必要もありません。

 

使い心地については、何キロの負荷になっているのかわかりにくいという口コミもいくつかありましたが、鍛え方で重要なのは、何回できるかという回数ですから、そこはあまり関係ないですね。

自分に合った負荷に調節して、目的に応じた回数とセット数をこなせば、効率よく鍛えられますよ。

 

自分の握力がどのくらいか知りたいなら、握力計を使うのもいいでしょう。

そこそこ安い金額で売っていますので、そちらもおすすめですよ。

「ネットショップの握力計一覧」

自分の筋力が数値で把握できれば、トレーニングの励みにもなります。

 

ハンドグリップには負荷60kg~100kgの物もありますので、このハンドグリップが物足りなくなったら、次はそちらに挑んでみるといいでしょう。


スポンサードリンク

まとめ

100均のダイソーには、負荷5kg、10kg、15kg、20kg、25kgのハンドグリップが売っていました。

30kg以上の物はないですね。

 

握力をとにかくアップしたいのでしたら10回くらい握れる負荷の物を、重い物を持ち上げるときに使う持久力を付けたいなら6~7割程度の握力で握れる物を選ぶといいですよ。

 

30kg以上の負荷のハンドグリップが欲しいのでしたら、記事内でも紹介している、10kg~50kgまで負荷調節ができる物もおすすめです。

それでしたら、軽い負荷でもトレーニングできますし、より負荷の強い物が欲しくなったときに、いちいち買い換えずに済みます。

 

※ダイソーの品ぞろえは店舗や時期によって異なります。

ここで紹介した商品が売っていなかったり、ここでは紹介していない商品が売っている場合もあることをご了承下さい。

 

心配でしたら、お近くのダイソーに行く前に、欲しい商品を売っているか電話で問い合わせてみるといいでしょう。

ダイソー各店舗の電話番号は、ダイソーのホームページで地域別に調べられますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました