ダイソーのアロマオイルの種類は?100均のは危険?加湿器に使える?

ダイソー アロマオイル 種類 100均 インテリア

うつや不安やストレスの解消、睡眠、仕事や勉強の集中力アップなど、アロマの香りによる効果っていろいろあると言われていますよね。

 

100均のダイソーにも、アロマオイルがいろいろと売ってるんですよ。

いいお店でそれなりの物を買おうとすると結構なお値段になってしまいますから、100円ショップで安く買えるのは助かります。

 

ここでは、ダイソーで発見したアロマオイルの種類と、気になる品質についてまとめています。

安い物でも危険性はないのでしょうか?

また、ダイソーなど100均のアロマオイルをアロマ加湿器などに使っても大丈夫なのでしょうか?

スポンサードリンク
  

100均ダイソーで売ってるアロマオイルの種類は?

実際にダイソーの大型店に行って調査してきましたので、ダイソーに売っていたアロマオイルの種類を紹介しますね。

思いのほか品数豊富でしたよ。

日本製で値段はどれも100円(税別)、内容量は10mlです。

ダイソー アロマオイル 種類 100均

  • ローズマリー&レモン(リフレッシュ)
  • ラベンダー&オレンジ(リラックス)
  • スウィートオレンジ
  • ローズ
  • フローラル
  • ラベンダー
  • グレープフルーツ
  • レモングラス
  • ペパーミント

 

ダイソーのアロマオイルの売り場はどこ?

ダイソーのアロマオイルの売り場は、私が調査した店舗ではインテリア用品コーナーでした。

お店によって置いてある場所は異なるかもしれませんので、見つからなかったらお店のスタッフさんに聞いてみてください。

 

ダイソーの品ぞろえは店舗によっても異なりますので、アロマオイルが売ってない所もあるかもしれませんのでご注意ください。

 

 

でも、100均で売っているような安いアロマオイルですと、品質がちょっと気になりませんか?

危険性はないのか、次の章で紹介します。

アロマオイルって100均の物だと危険なの?

ダイソーなどで売っている安いアロマオイルですと、成分が界面活性剤、エタノール、香料となっています。

天然成分100%の精油(エッセンシャルオイル)とは違うんですね。

ですので、それなりのお値段の精油と同じ使い方をするのは、危険とまでは言いませんけど、おすすめはできません。

 

ダイソーなどの安価なアロマオイルは、あくまでも合成の香料です。

特に、直接肌に使用するのは止めたほうがいいですよ。

 

私も実際に、生活の木で購入したオーガニックの精油と、ダイソーとは違いますけど安物のアロマオイルを使ったことがありますが、同じベルガモットでも使用感が全然違いました。

オーガニックの精油なら気分が落ち着く効果を感じたのですが、安いアロマオイルのほうは、ニオイを嗅いでいても同じような効果を感じられず、逆に不快感がありました。

やっぱり安いのにはそれなりの理由があって、品質がぜんぜん違うようです。

 

ダイソーなどの安価なアロマオイルは、香りが気に入ったのなら使っても構わないでしょうけど、芳香剤のような物と考えるべきですね。

心や体に作用する効果も、精油(エッセンシャルオイル)ほどには期待できません。

 

本物の精油は、例えばローズですとドラム缶1杯の花びらから数滴しか採れません。

ですから、本物を100円で売れるはずがないんです。

 

ダイソーで売っているような香り付けしただけのオイルは、使うのでしたら超音波式や噴霧式などのディフューザーでは使用せず、ティッシュや素焼きの陶器プレートに垂らすなどして、あまり香りを拡散させないやり方で楽しむのがいいですね。

あるいは、気化式(リード式)のディフューザーなどもよさそうです。

 

そもそも、機械のディフューザーですと、精油(エッセンシャルオイル)しか使用できないと説明書に書いてあったりしますので注意してください。


スポンサードリンク

ダイソーのアロマオイルを加湿器で使っても大丈夫?

加湿器タイプのディフューザーもありますけど、そういった機器でダイソーのアロマオイルを使用するのも止めておいたほうがいいでしょう。

 

品質がそれなりですから、加湿器で香りを広く拡散してしまうと健康に悪い影響があるかもしれません。

ダイソーのアロマオイルは害があって危険、とまでは言いませんけど、安いアロマオイルを加湿器などの機械を使って拡散するというのは不安です。

 

それに、ダイソーなど100均のアロマオイルですと不純物が混じっていますから、加湿器のお手入れ回数が増えてしまうケースもあります。

 

使用する機器にもよるでしょうが、ダイソーのアロマオイルをアロマ対応加湿器で使ったら、アロマポットという穴にあるスポンジが一晩で溶けたという口コミもありました。

また、アロマ加湿器によっては、その機器専用の香料が付属している場合もあります。

 

ダイソーのアロマオイルは、あくまでも香料として楽しむようにすることをおすすめします。


スポンサードリンク

まとめ

100均のダイソーにも、いろんな香りのアロマオイルが売っています。

内容量は10mlで、値段は100円(税別)です。

 

でも、それなりの価格の精油(エッセンシャルオイル)とは違って品質もお値段相応ですから、使い方には気をつけたほうがいいでしょう。

 

機械式のディフューザーやアロマ加湿器では使用せず、ティッシュや素焼きのプレートに垂らす、気化式(リード式)のディフューザーを使うなどして香りを楽しむにとどめるのがいいですね。

ダイソーなどの安価なアロマオイルは、芳香剤のような物と考えるべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました